2017年5月30日火曜日

データ解析システムの開発を依頼する時に大切なこと

自己紹介

はじめまして。私はデータサイエンス部の中で、システム開発グループに所属しています。グループの中では最も経験が浅い私ですが、今回の記事を担当することになりました。よろしくお願いします。
さて、データサイエンティストが集うデータサイエンス部に、どうしてシステム開発グループがあるの?と思う方に向けて、少しだけ説明しますね。
例えばお客様から、データ解析の依頼をお受けしたとします。その際、最初はデータサイエンティストが「手作業で」行うことが多いです。その結果をお客様がご覧になって、「これいいね、毎月結果を自動で出すことはできないの?」となった場合に、我々システム開発グループが登場し、要件を満たすようなシステムの開発をするわけです。

この記事の概要

システム開発担当が書く記事なので、ここではシステムのお話をしたいと思います。
テーマは「データ解析システムの開発を依頼する際に大切なこと」です。
データ解析システムにあまり詳しくない方々向けに書いていますので、その道のプロの方々に向けた内容ではありません。

システムやデータは魔法ではない

データ解析システムの開発を他社に依頼する際に大切なことを一言でまとめると、
「システムやデータは魔法ではない」と意識することです。
普段生活していて触れるシステムたちは、すごく高性能で、様々なことができますよね?
パソコン、スマホ、家電類、時にはお喋りできるロボットが仕事をしていたり…など、挙げればキリがありません。しかしそれは、水面下でシステムが魔法に見えるように必死に動いてくれているだけです。また、たくさんの時間やお金、システム開発者を投入したおかげで成しえたことです。

そしてまた普段私たちが触れるデータも、そこまで意識せずともきちんと管理され、アクセスできます。市役所に行って免許証を見せればすぐに住民票が発行されるのは、誰がいつからどこに住んでいて、引越手続きも完了していて…というデータが管理され、職員の方はそれにアクセスでき、またデータの見方も理解されているからです。
これを読んで、何当たり前のことを言ってるの?と思う方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、これをご理解いただいていない方々がいらっしゃるのです。
(恥ずかしながら、昔の私もそうでした。もしかしたら今もまだまだ足りていないかもしれませんが…)

少し話が逸れますが、

  •  どうして上下が逆の状態で資料を渡してくるんだろう…普通見やすい向きで渡すよね?
  •  いちいち言わないと挨拶もできないの?
こう言いたくなる人、皆さんの近くにもいらっしゃいませんか?
システムもこれと全く同じなのです。いちいち指示しないと動きません。
「普通に考えれば分かるでしょ」「良きようにやってよ」は理解してくれません。
良きようにやってもらおうと思ったら、「良きように」とは何か?を明文化して、そう動くように誰かが開発しないといけません。そしてその「普通」や「良きように」の答えは、開発する側ではなく、開発を依頼するお客様自身しか持っていないことが多いのです(結局のところシステムを使うのはお客様ですからね)。

さらに付け足すなら、「良きように」の答えが分かったとしても、それをシステム化するコストが許容範囲を超えていた場合は、どこまでをシステム化してどこまでを人が運用でカバーするか、という折り合いをつけないといけません。
個人的には、これがシステム開発を複雑に見せている原因ではないか、と思っています。

データに関しても、お客様しか答えを持っていないことが多いのは同じです。
このデータはどう管理されているんだろう、何のデータだろう、という部分は普段そのデータを扱っている人が一番分かっているはずです。「データ解析してよ!何のデータかはあんまり分かってないんだけどね!」ではそのデータの処理方法が分からなくなります。

特に、普段システムやデータに携わる機会の少ない職種の方がデータ解析システムの開発プロジェクトに関わる場合には、この「システムやデータは魔法ではない」を理解して頂くところからスタートだと思っています。
ここをクリアしないと、どういうシステムを開発すればよいか、またデータをどう読み解いて扱えばよいか、という情報をお客様から引き出そうとしても、「良きように」や「そのデータ多分営業に使ってるっぽいんですよねー」というようなふわっとした答えしか返ってこないことになります。
そのためプロジェクトがなかなか進まず、データ解析システムの開発は成果の上がらないプロジェクト、ということになってしまいます。そうならないためにも、「システムやデータは魔法ではない」を肝に銘じておくことが大切です。

ここまで色々書きましたが、この内容をすぐにご理解頂くことは難しいと思っています。
もし読者の皆さんと一緒にプロジェクトを進めることがあった時には、私たちができるだけサポートさせていただきます。また少し方向性は違いますが、「データ活用研修」という、データ活用方法についての研修もございます。
一歩ずつ、一緒にプロジェクトを進めていきましょう。

終わりに

今回は、データ解析システムの開発を依頼する時に大切なこと、というテーマで記事を書かせて頂きました。いかがでしたでしょうか?
そしてこの記事ではデータ解析システムの開発における具体例が書かれていませんが、
このテーマをシリーズ化して、実際のプロジェクトで起こったこと等を皆さんに共有できるといいなと思っています。
最初の自己紹介で書きましたが、私はシステム開発グループの中で一番新人なので、読者の皆さんと一緒に勉強するようなつもりで記事を書けたら、と思いこのテーマを選びました。なので、システムに詳しくないあなたも、私と一緒に勉強してみようかな、という気持ちで今後も読んで頂けると嬉しいです。

余談ですが最近私はベリーダンスを始めました。
まだまだ下手っぴですが、いつか舞台に立つときはまるで"魔法"のように美しく踊れるように、お手本のダンス(というデータ)からコツを読み取って、その通り動けるように水面下で必死に練習したいと思います。
では次回をお楽しみに!